無双組 LM-P Type2 ボディ 
翼端板、ウィング、シャークフィン、インダクションポット、ウィングステー取付例

 

ボディに付属しているウィングを切り取ります。
ウィングの切り取り線は翼端板のサイズ
合わせてあります。


翼端板、シャークフィンが付いている部品の横部分に
ウィングステーがあります。

シャークフィンを利用してウィングを取り付ける場合は
ウィングステーは必要ありません。

必要に応じて使い分ける事が可能です。


商品は未塗装状態です。
取付方法の説明の為に塗装した状態の商品を利用しております。

各パーツの取付は両面テープを利用しております。

インダクションポット取付方法

 

 

インダクションポットを切り取り線にあわせて切り取ります。

L、Rの刻印が付いています。
ボディへの取り付けの際に向きが
ありますのでご注意ください


正面部分は切り抜かなくても
取り付けには問題はありません。
切り抜かない形にしてロールバーのように
見せる事が可能です。



コックピットの後方部分にある段差に
両面テープなどを利用してインダクションポッドを
取り付けます。
左右ありますので、必ず仮合わせをするなどで
確認をしてから取り付けてください。
切り掛けの形が違うので、間違っている場合は
綺麗に取り付けることが出来ません。






逆側にも取り付ければインダクションポッドの完成です。

翼端板、シャークフィン取付方法

 



翼端板、シャークフィンを切り取ります。

翼端板の途中に切り取りの線があります。(青丸の部分)
切り取り線通りに切らなくても
取り付けに影響はありません。







  

シャークフィンはボディ取付部分(黄色い丸部分)、
ウィング取付部分(赤い丸部分)
があります。
カットの際に切り落とさない用ご注意ください

ウィングの取付の際にシャークフィンを利用する場合

シャークフィン後方の凹凸部分(赤丸部分)を、
シャークフィンから全て切り取らず、
L字になるように切り落としてください。
この部分を利用してウィングを取り付けます。


シャークフィンの取り付け例


切り取ったシャークフィンを張り合わせます。




  

 
コックピットの後方部分にシャークフィン取付用の
溝がありますので前から溝に合わせる形で
シャークフィンを取り付けてください。


翼端板の取り付け

 
ボディの後方部分の左右に取り付け用のくぼみが
ありますので、そこに合わせるように翼端板を
取り付けてください。




同じ手順で逆にも翼端板を取り付けてください。


シャークフィンを利用したウィングの取り付け



 
シャークフィンのL字部分とウィングの両端に
両面テープなどを利用してウィングを取り付けます。


ウィングステーを利用したウィングの取り付け

 

翼端板、シャークフィンが付いているパーツの
横にあるウィングステーを切り取ります。

 

ウィングステーを写真の通り折り曲げます。




ウィングステーをボディに取り付けます。

ウィングステーを利用する場合、シャークフィンの
ウィング固定部分を利用しなくてもウィングの取付が
可能です。


 




シャークフィンの形状、ウィングステーの有無など
再現したい車種に合わせてご利用ください。

LM-P Type1 ボディ   
無双組商品一覧   


Copy Right(C)2013 無双組 All rights reserved.